シワ対策

おでこのしわを消す方法~原因と対策

年齢を重ねるごとに目立ってくる「おでこのしわ」。おでこは顔の中でも広い部分なだけに、しわができると目立ちますよね。

最近では年齢肌だけではなく、若い人の中にもおでこのしわに悩んでいる人がいるようです。しわができると老けて見えたり、不機嫌に見えたりするもの。しわを解消する方法はないのでしょうか。


おでこにしわができる原因

肌への負担

1.乾燥

おでこはTゾーンで皮脂の分泌が多い部分だということで、乾燥しないと思うかもしれません。ところが、過剰な洗顔によって乾燥が進んだり、肌に負担がかかることがあります。

さらに、若いうちは皮脂が多かったおでこも加齢に伴って乾燥していくようになります。いつまでも若い時のスキンケアのままでいると知らず知らずのうちに乾燥が進んでいる可能性があります。

このように乾燥が進むとハリや潤いがなくなり、しわができやすくなってしまいます。

2.紫外線

おでこは広い部分ですし、紫外線の影響を受けやすい部分です。また、外気にさらされやすい部分でもあるため強い日差しにさらされやすいといえるでしょう。

外出する時にはきちんと紫外線対策をする人も、ゴミ出しや洗濯物を干すときなど、日常の中では無防備で日を浴びていることがあるものです。このように紫外線の影響で肌に負担がかかり、老化現象が早まることがあります。

3. 真皮のコラーゲンの減少

肌に弾力を持たせる「コラーゲン」は、表皮の内側にある「真皮」にあり、肌のハリや潤いに重要な成分です。

ところが、コラーゲンの生成は加齢とともに減少し、20代を過ぎるとどんどん減少するといわれています。若い時なら一時的にしわができてもコラーゲンの潤いですぐに元に戻りますが、加齢によりコラーゲンが減少していくと元に戻らず、しわが深くなっていくというわけです。

表情のクセ

おでこのしわができる原因に表情のクセがあります。なかでも眉間あたりにできる「縦じわ」は表情のクセによるものが多いのです。

例えば、忙しい時やイライラした時に眉間にしわを寄せるクセがあると「皮膚の形状記憶」といって、一時的にしわができた形状を、何度も繰り返すことで覚えてしまい、そのしわが深く刻まれることになります。

また、日常に目を見開くクセや、眉を上げるようなクセがあるなら「横じわ」になる可能性があります。

意外?おでこのしわとスマホの関係

通勤途中や電車や待ち時間などにスマートフォンを使うことは、もはや生活の一部になっている人も多いことでしょう。実はこの行為がおでこのしわを招くことがあります。年齢肌にはまだ早い20代の人で、おでこのしわに悩んでいる場合はこのケースが多いようです。

スマートフォンを操作している時に「猫背になっている」「長時間下を向いている」なら注意が必要です。猫背になると全身のリンパ線が圧迫し、リンパの流れが悪くなって老廃物がたまります。

また、長時間下を向いて操作していると目線が常に下を向くことになり、続けていくと少しずつ瞼の筋肉が弱くなって目が開きにくくなるのです。このようにして瞼の筋肉が弱くなると、おでこの筋肉を使って上に引き上げようとすることになり、おでこの横じわを作る原因になります。

スマートフォン操作の注意点

・5分から10分に1回は顔を上げて、首のコリをほぐす
・猫背になっていないか意識し、なるべく姿勢を正す
・30分以上連続して使用せず時々休む

おでこのしわと頭皮の関係―頭皮マッサージが効果的?

頭皮のたるみでおでこのしわができる?

頭には髪の毛があるので、顔の皮膚と頭皮は別だと考える人が多いようですが、頭皮と顔の皮膚は一枚でつながっています。つまり、頭皮がたるむことはおでこのしわの原因になります。

「頭皮ってたるむの?」と思うかもしれませんが、頭皮も顔の皮膚と同じで加齢によってたるんできます。また、いつも髪を結ぶなど頭皮を引っ張り続けると、皮膚が伸びて頭皮のたるみが生じるのです。

このように頭皮のたるみによって皮膚が下がってきて、おでこにしわができるというわけです。

逆に、抜け毛などの原因になるといわれる、固くなった頭皮もしわの原因となります。それは固くなった頭皮を支えるためにおでこに負荷がかかるからだといわれています。このように頭皮とおでこのしわは密接な関係があるのですね。

頭皮マッサージで解消しよう

頭皮も顔の皮膚とつながっているのですから、顔のケアをするように頭皮のケアも必要です。

加齢やいつも引っ張られることによってたるんだ頭皮、疲れなどによって凝ってかたくなった頭皮をマッサージによって優しくケアすることがおすすめです。タイミングとしては温まって血行が良くなるお風呂上りが最適です。

頭皮マッサージの方法

1.両手の指を使って、おでこのしわを伸ばすように髪の生え際から頭頂部にかけてゆっくりと引き上げます。
2.続いて同じように、こめかみの髪の生え際から頭頂部にかけてゆっくりと引き上げます。
3.今度は両手の指を使い頭皮を動かすようなイメージで円を描くようにマッサージしていきます。

毎日のシャンプーでマッサージ

毎日のシャンプータイムのちょっとした工夫によってもマッサージになります。

まず、シャンプーを手にとって軽く泡立て、頭頂部・両サイド・後頭部・うなじの5箇所の頭皮になじませます。手のひらを開き、両手の指の腹を使って下から上へ向かってジグザグにマッサージしましょう。

髪の毛を洗うというよりも、頭皮をほぐすイメージで頭皮が動くくらいに力をこめてマッサージします。(摩擦を与えないように、指の腹を押し付けるようなイメージでマッサージしましょう)

おでこのしわ対策に摂りたい栄養素

おでこのしわも顔のしわと同じで乾燥が大敵です。

肌に潤いがあればしわもできにくくなります。ですから、身体の中からも肌の潤いをサポートする栄養素が大切です。さらに加齢による肌の老化や衰えは活性酸素が増えてくることにあります。そこで、活性酸素を除去する働きがある抗酸化物質を含む食品も有効です。

潤いをサポートする栄養素

コラーゲン・・・肌に潤いを与える
豚足、鶏皮、手羽先、牛スジ、牛テール、エビ、カレイ、フカヒレなど
ビタミンC・・・コラーゲンの合成と分解を促進し、コラーゲンの吸収を助ける
モロヘイヤ、パセリ、パプリカ、イチゴ、キウイフルーツやグレープフルーツ、キャベツ、レモンなど
鉄分・・鉄分はコラーゲンの合成に必要なアミノ酸を作り出し、弾力性のあるコラーゲンを作る手助けをする
ほうれん草、アーモンド、レバー、乾燥のり、干しひじき、乾燥岩のり、あさりの水煮など

抗酸化物質を多く含む栄養素

ビタミンA・・・強い抗酸化作用で活性酵素を除去
ニンジン、かぼちゃ、小松菜、モロヘイヤ、うなぎ、レバー、春菊、ニラ、赤パプリカなど
ビタミンC・・・酸化してしまったビタミンEの抗酸化作用を再生させる
パプリカ、菜の花、ブロッコリー、カリフラワー、ゴーヤ、ピーマン、ミニトマトなど
ビタミンE・・・活性酸素による細胞の酸化を防ぎ、血液循環をスムーズにして、体内の代謝をよくする
アーモンド、ツナ缶、たらこ、モロヘイヤ、かぼちゃ、赤パプリカ、ほうれん草、アボガド

おでこのしわ対策のための化粧品選び方

浅いしわの場合

表面の浅いしわの場合、原因は乾燥です。ですから乾燥対策としっかりとした保湿を考えた化粧品を選びましょう。たくさんある化粧品ななかでも「セラミド」「ヒアルロン酸」「アミノ酸」などの高保湿成分が含まれているものがおすすめです。

また、おでこ部分は皮脂が気になると一生懸命に洗いすぎたり、保湿ケアを怠ったりすることがありますが、水分の不足からくる過剰な皮脂が原因となることも多いのです。化粧水でしっかりと潤いを与えたあとは、乳液やクリームなどでしっかりと保湿することを心がけましょう。

紫外線対策

紫外線も乾燥の原因になります。面倒だとおろそかにせず、日頃から紫外線対策をすることを心がけましょう。

日焼け止めクリームは強力なものを朝一度しか塗らないより、小まめに塗り直しするほうが効果的です。

深いしわの場合

深いしわの原因はコラーゲンの減少が主な原因です。

ただ、一般的なコラーゲンは、肌に直接塗っても分子が大きいために肌の奥にある真皮にまでは浸透しません。ですから深いしわが気になっている場合にはコラーゲンを増やす成分が配合された化粧品を使用するのがおすすめです。

ビタミンC誘導体

ビタミンCは直接肌に入りにくいため、吸収しやすくされたのがビタミンC誘導体です。「リン酸アスコルビル酸」「パルチミン酸リン酸アスコルビル」と表示されることがあります。

水に配合されたものは安定性が高く効果的です。化粧水などに配合されています。

レチノール

レチノールとはビタミンAの一種で、エイジングケア用の化粧品に良く配合されている成分です。ただ、刺激を感じる人もいるようなので敏感肌の人は注意が必要です。

油溶性の成分なので、美容クリームなどに配合されています。

ナイアシン(ビタミンB3)

ナイアシンにはコラーゲンの合成をサポートし、肌にハリを与える効果があります。肌への刺激が少ない成分なので敏感肌にもおすすめです。

水溶性の成分なので化粧水や美容液に配合されています。

おでこのしわを消す方法まとめ

一度できてしまうと消すことが難しいといわれる「おでこのしわ」、日頃の習慣やスキンケアを意識して改善することにより少しずつ薄くすることも可能です。

また、「頭皮」や「目元」といった、おでこと無関係に思える部分とも深い関係があるので、トータルなケアが必要です。毎日の根気強いケアを積み重ねて、若々しい肌をキープしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA