アルブチンの美白効果と副作用

誰もが憧れる“美白肌”を目指して、「美白」と名の付く化粧品が目につくと、つい試してみたくなる女性は多いのではないでしょうか? 

ところが、世の中には「美白化粧品」が山のようにあって、「あれもよさそう、これもよさそう・・・」と試していくのもキリがないくらいですよね? 

そんな数ある美白化粧品のなかで「アルブチン」という成分は、誰もが一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? 

今回は「アルブチン」の美白効果と副作用についてまとめました。


「アルブチン」とは?

アルブチン、コケモモ

「アルブチン」とは、梨やコケモモ、サンタベリーやウワウルシなどの自然の植物に含まれる成分で、高い美白効果があるといわれる「ハイドロキノン」と「ブドウ糖」が結合してできた物質です。

化学的構造としては「ハイドロキノン」とよく似ているのですが、植物由来の成分である「アルブチン」は安全性が高く肌にもやさしいので、敏感肌の人にも刺激が少ないとされています。

「アルブチン」は、シミの原因となるメラニン色素の生成と深い関わりがある「チロシナーゼ」という物質にダイレクトにはたらきかけて、メラニンの合成を防ぐ作用があります。

「アルブチン」には2種類

アルブチン、梨

「アルブチン」は、「ハイドロキノン」と「ブドウ糖」の結合方法の違いで「β-アルブチン」と呼ばれるものと、「α-アルブチン」と呼ばれるもの、2種類あります。

βアルブチン

通常「アルブチン」というと「β-アルブチン」のことを指すことが多いようです。

「β-アルブチン」は、ウワウルシ(別名:クマコケモモ)というツツジ科のハーブに含まれている天然の抽出物で、海外では美白ハーブとして人気があります。

化粧品などで「アルブチン配合」という場合にはほとんどの場合、この「βアルブチン」が含まれています。

こちらは肌にもやさしく安全なのですが、効果が少し実感しにくいということがあるようです。


αアルブチン

「アルブチン」のもう一種類は「αアルブチン」です。

「αアルブチン」はコケモモや梨などの植物に含まれているほか、独自の“配糖化技術”を用いてハイドロキノンにブドウ糖とα結合させて人工的に転移させたものです。

こちらのほうは肌馴染みも良く、従来型の「βアルブチン」と比較して約10倍もの美白効果が得られるという研究結果もあります。


「アルブチン」の美白効果とは?

アルブチン,美白効果

「アルブチン」の最大の効果は「メラニン色素」を合成する「チロシナーゼ」という酵素のはたらきを抑えて、メラニンが“黒化”して日焼けやシミになることを予防してくれることです。

もともとメラニンには、紫外線が皮膚に侵入して内部の細胞が傷つかないように真皮を守る大切なはたらきをしているのですが、過剰な刺激を受けると、メラニン色素もどんどん過剰に生成され、シミやくすみになってしまいます。

そこで「アルブチン」は、メラニン色素が過剰に生成されないように抑制してくれるので、メラニン色素が沈着してシミやくすみができる前にしっかりカバーしてくれる効果があるのです。

ところで、「シミ」というのは、皮膚の表面に表れるまでの間は皮膚の奥で「シミ予備軍」として存在しています。

「アルブチン」は、紫外線を浴びた後でも、メラニンが黒くなる前なら美白効果があるとされていますから、シミが黒くなって表面化する前にケアするようにしましょう。

このように「アルブチン」にはシミ・くすみを予防するうえで大きな効果が期待できる成分だといえます。

ビタミンCとあわせると効果的!

レモン,美白効果

「アルブチン」を取り入れる時にはビタミンCと一緒に使用することで一層効果が高まるといわれています。

ビタミンCにもメラニンの生成を抑制し、ターンオーバーを促進させて色素の沈着を防ぎ、シミやくすみを生じさせにくくするはたらきがあります。

このように「アルブチン」と「ビタミンC」を一緒に使う相乗効果が高いことから、多くの化粧品では「アルブチン+「ビタミンC」を配合した商品も発売されています。


アルブチンの副作用は?

美白、女性

「アルブチン」は美白効果が認められている多くの成分の中で、厚生労働省から認可され「医薬部外品」として販売されています。

化学的な構造が似ている「ハイドロキノン」は、高い美白効果がある反面、肌への刺激が強いとされていますが、「アルブチン」は美白効果が弱いものの肌への負担も少なく、副作用もほとんどないといわれています。

ただ、同じ「アルブチン」でも、天然植物から抽出された「βアルブチン」よりも、人工的に合成された「αアルブチン」のほうが、美白効果が高い分肌トラブルを起こす可能性が高まるようです。

もともと敏感肌で化粧品かぶれを起こしたことがある人の場合、「βアルブチン」配合の化粧品を選ぶほうがいいかもしれません。いずれにしても、一度パッチテストをして安全を確認するといいですね。


アルブチン配合の化粧品で美白ケア!

アルブチン,美白効果

いかがでしたか? 今回は、数ある「美白化粧品」に含まれる成分のひとつ「アルブチン」の効果と副作用についてまとめました。

「アルブチン」といっても、天然由来の「βアルブチン」と、美白効果を高めるために化学合成された「αアルブチン」の2種類があること、美白効果の特徴は、シミやくすみを予防する効果が高いことがわかりました。

これからどんどん日差しも強くなっていきます。黒くなってしまってから慌ててスペシャルケアを施すよりも、日頃からのセルフケアで日焼けやシミを予防し、美白ケアを心がけていきたいですね!