ハイドロキノンの美白効果と副作用

世の中には「美白」という名前の化粧品が数え切れないほど発売されていますね? 

ところが、「できてしまったシミにはどんな化粧品を使っても効果がないのでは?」とあきらめている女性も多いのではないでしょうか? 

そんな「肌のシミが気になって何とかしたいけど、やっぱりレーザー治療は不安・・・」という人におすすめなのが「ハイドロキノン」です。

今回は、「ハイドロキノン」の美白効果と心配される副作用についてまとめました。


ハイドロキノンとは?

イチゴ、ハイドロキノン、美白成分、効果

「ハイドロキノン」は美白効果が非常に高い物質として知られていて、その名前から科学的に合成された物質だと勘違いする人も多いのですが、もともとイチゴ類や麦芽などに含まれる天然成分です。

昔から「ハイドロキノン」の“還元作用”が注目され、「写真の現像」の還元剤や「ゴムの酸化防止剤」として広く使用されてきました。

そのうちに「写真を現像する人たちの肌が白い」ということが注目されるようになり、「ハイドロキノン」の肌への美白作用が発見されたといわれています。

アメリカでは「美白=ハイドロキノン」といっても過言ではないほど一般的で、古くから化粧品などに配合されてきたのですが、日本では最近まで規制があり皮膚科など医師の処方のもとでのみ「シミの治療薬」として使用されてきました。

2001年以降になってようやく化粧品に使用できるようになって、美白意識の高い女性の間で大いに注目を集めています。「ハイドロキノン」は、シミを消すうえで非常に高い効果が得られるため「肌の漂白剤」とも呼ばれています。


ハイドロキノンの美白効果とは?

ハイドロキノン、美白効果

メラニンの生成を抑制

一般的な多くの美白成分と同じく「ハイドロキノン」には、シミの原因となる「メラニン色素」を作り出す「メラノサイト」という細胞を抑制して、シミができにくいように予防する効果があります。

さらに「ハイドロキノン」には、濃度にもよりますが「メラニン色素」の生成に深くかかわる酵素「チロシナーゼ」のはたらきを抑える効果が、美白成分「βアルブチン」の数十倍から100倍あるといわれていて、他の美白成分と比較して圧倒的に高い効果が得られることが分かります。


メラニン還元作用

もともと高い「還元作用」から、写真の現像などに活用されてきた「ハイドロキノン」ですが、その還元作用で酸化して黒くなってしまったメラニン色素を還元し、色素沈着してシミになった部分を薄くするはたらきがあります。

実際、これまでも皮膚科などでシミの治療薬として用いられてきたものですからその効果は実証済みです。ただ、皮膚科などクリニックでは医師によって4%以上の高濃度の「ハイドロキノン」が処方されますが、一般に市販されている化粧品では1~2.5%程度が一般的です。

成分表示欄を確認して「ハイドロキノン」または「HQ」と表記されているものを選ぶといいでしょう。

ちなみに濃度が濃くなるほど効果が高くなりますが、その分お値段も高くなります。



このように「ハイドロキノン」は、メラニン色素にはたらきかけてシミやくすみを予防してくれるだけではなく、すでに色素沈着して、シミやくすみになってしまったメラニン色素にまではたらきかけて、シミを減らす効果があることが大いに注目されています。

ただ、その効果は皮膚の表面にできたものに限定されていて、皮膚の真皮にまで深くできたものには効果が及ばないといわれています。

ハイドロキノンの副作用とは?

美白ケア、紫外線対策

ハイドロキノンは美白効果が高い分、刺激が強く場合によっては肌にヒリヒリした刺激を感じたり、赤みやかぶれといった炎症を起こしたりすることもあります。

近年、日本でも化粧品などに配合できるようになったため、だれでも手軽に手に入れることができるようになりましたが、より高濃度で美白効果がもっと高いものが欲しいという人が、濃度の決まりがない海外から直接購入する場合があります。

ただ、ハイドロキノンは濃度が高くなるほど肌トラブルが起こりやすく、自己判断でつけすぎると肌荒れや炎症を引き起こすことがあります。

事前にパッチテストを行うようにして安全を確認することや、長期間の使用には十分な注意が必要でしょう。


白斑

ハイドロキノンを長期間連続して使用したり、濃度が高いものを使用したりすることでメラニン色素を作り出す機能自体が失われ、皮膚の色素が部分的に脱色されてしまう「白斑」という症状が生じる可能性があります。

このように肌の一部分だけが色素を失うと元に戻すことが難しく、取り返しがつかなくなる可能性があります。自己判断で濃度が高いハイドロキノンを塗布するのは避けたほうがいいでしょう。


シミや色素沈着の悪化

ハイドロキノンを使用した後は、本来紫外線から真皮を守るはたらきをしてくれる「メラニン色素」が除かれて、肌が非常に無防備な状態になっています。

そこで、ハイドロキノンを塗布した後にUV対策をしないまま日に当たると逆にシミやそばかすが濃くなり色素沈着が悪化してしまう可能性があります。

できれば、夜に使用するようにして、もしも朝に使用する場合には必ず上から日焼け止めクリームや日傘などでしっかりカバーするようにしましょう。


心配な人はパッチテストをしてから

美白ケア

いかがでしたか? さすが、「肌の漂白剤」と呼ばれるだけあって、「ハイドロキノン」には高い美白効果が得られるようですね。

それと同時に肌への刺激も強いため、市販されているものは濃度が低めに定められているようです。

「早く美白効果が得たい・・・」と、たくさん塗っても効果が早まるわけではなく、継続的に使用することで効果が得られます。

肌が敏感な人には注意が必要ですが、パッチテストをして問題がなければ美白効果がかなり期待できそうですね。できてしまったシミの救世主となってくれそうです。