ビタミンC誘導体の美白効果と副作用

「ビタミンC」といえば、昔から“美白=ビタミンC”というほど私たちに馴染みのある成分ですよね? 

だれでも一度は、レモンスライスやキュウリでパックする美容法などを見聞きしたことがあるかもしれません。近年では「美白化粧品」の種類が多くなり、「ビタミンC誘導体」配合の化粧品が美白に効果がある、という情報がさまざまな美容紙などでも紹介されています。

ところで、食べる「ビタミンC」と化粧品に配合されている「ビタミンC誘導体」には何か違いがあるのでしょうか? 

今回は「ビタミンC誘導体」の美白効果と副作用についてまとめました。


「ビタミンC誘導体」って何?

ビタミンC誘導体,美白効果

昔から「ビタミンC」には美白に効果あることが知られていましたが、とても酸化しやすく分子構造が非常に不安定なため肌に吸収させることが長年の課題でした。

つまり、ビタミンCを肌にそのまま塗っても、空気に触れるだけで酸化して成分が壊れやすいばかりか、肌のバリア機能にブロックされて肌に浸透することが期待できませんでした。

そこで、ビタミンCを別の物質と結合させることによって安定化させたものが「ビタミンC誘導体」です。「誘導体」と名づけられている通り、体内に取り込まれてからビタミンCに変化する性質を持っていて、成分を壊すことなく肌へ届けられるようになりました。

「ビタミンC誘導体」には、どの物質と結合させるかによっていくつかの種類があり、それぞれ特徴が異なります。


水溶性ビタミンC誘導体

「水溶性ビタミンC誘導体」とは、リン酸という物質と結合させた成分です。

このようにして皮膚への吸収率を高め、ビタミンCの効果が生かせるように改良。通常のビタミンCよりもおよそ8倍もの浸透率を実現しました。

「水溶性ビタミンC誘導体」の大きな特徴は非常に即効性が高いこと、また約12時間程度の高い持続性があることです。

水溶性であることから、化粧水や美容液などのローションタイプの化粧品に配合されています。

化粧品の成分表示欄には「リン酸アスコビルMg(マグネシウム)」とか、「リン酸アスコビルナトリウム」などと表記されます。サッパリした使い心地でオイリー肌タイプに向いています。


脂溶性ビタミンC誘導体

「脂溶性ビタミンC誘導体」は、もともと水溶性であるビタミンCに脂肪酸を結合させることによって、皮膚の奥まで浸透して持続的な効果を得られるようにされました。

「水溶性」のような即効性はないのですが、「脂溶性」であるため皮脂膜や角質層へじっくりと時間をかけて皮膚に吸収され、浸透性が非常に高いという特徴があります。

また、通常のビタミンCと比べて持続性が高く、およそ24時間程度あるとされています。

また、高い濃度で配合されても刺激が少ないので敏感肌や乾燥肌の人にも向いています。

油に溶けやすい性質があるので、クリームやジェルなどに配合されています。化粧品の成分表示欄には「テトライソパルミチン酸アスコビル」や「テトラヘキシルデカン酸アスコビル」などと表記されています。


新型ビタミンC誘導体

「新型ビタミンC誘導体」は、従来の水溶性「リン酸型ビタミンC誘導体」にパルミチン酸を結合させることによって、油分にも溶けやすいようにした新しいビタミンC誘導体です。

このようにして水に溶けやすく即効性が高い「水溶性ビタミンC誘導体」と、油に溶けやすく真皮への浸透力が高い「脂溶性ビタミンC誘導体」の両方のメリットを得られるようにしました。

最大の特徴は、浸透力が従来のビタミンC誘導体の100倍ともいわれているところです。この「新型ビタミンC誘導体」は、化粧水からジェルやクリーム、洗顔料などにも配合されています。

ただ、臨床データが少なく、安定性に欠けていることから今のところ厚生労働省には認可されていません。

それでも認知度は高く、高い美白効果が得られることから大いに注目されています。化粧品の成分表示欄には「アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸」などと表記されています。


「ビタミンC誘導体」の美白効果

ビタミンC誘導体,美白効果

メラニン色素の生成を抑制

肌は、紫外線を浴びると細胞が傷つかないように「メラニン色素」を作り出して紫外線を吸収し、真皮を守るはたらきをしています。

ところが、皮膚を守ろうとして過剰に「メラニン色素」が作り出されると、その後すみやかに排出しきれなくなり、肌に“色素沈着”してシミやくすみになります。

ビタミンCは「チロチナーゼ」という酵素に直接はたらきかけて「メラニン色素」が過剰に作られないようにはたらきかけてくれます。


メラニン還元作用

ビタミンCには、「メラニン還元作用」があります。大半の美白成分は「メラニン色素」の生成を抑制するはたらきがメインで、メラニン色素が沈着してシミやくすみになる前に予防するものです。

それに対して「メラニン還元作用」は既にできてしまったシミやくすみを少しずつ薄くすることができます。紅茶にレモンを一切れ入れると色が薄くなるのは、ビタミンCの還元作用によるものです。

また、高い抗酸化作用で活性酸素を取り除き、くすみのない透明感で美しい肌をつくります。


コラーゲンの生成を促す

ビタミンCには、コラーゲンが生成されるよう促進させるはたらきがあります。

肌に紫外線を浴び続けると真皮まで到達し、コラーゲンを破壊してシワ・たるみ・くすみの原因になります。

ビタミンCを補給することでコラーゲンの生成が促進され、肌の内側から肌にハリやうるおいで満たされるようになってシワやたるみ、くすみが改善されます。


「ビタミンC誘導体」の副作用は?

美白成分、副作用、危険性

ビタミンC誘導体は、美白成分の中では比較的安全に使用できるといわれています。

ただし、敏感肌など一部の人が使用すると肌が乾燥しやすくなり、バリア機能が低下する場合があるようです。

肌の弱い人の場合、ピリピリした刺激や発疹、かぶれが引き起こされる可能性があるので、あらかじめパッチテストしてから使用するほうがいいでしょう。敏感肌・乾燥肌の人は皮膚科で相談してから肌に合うものを処方してもらうといいですね。


ビタミンC誘導体で行う美白ケア

美白ケア、紫外線対策

いかがでしたか? 今回は、美白に非常に高い効果がある「ビタミンC誘導体」の美白効果と副作用についてまとめました。

美白効果が高いことが知られていても肌に浸透させることが難しかった「ビタミンC」を、化粧水にもジェルやクリームにも配合できるように処理された「ビタミンC誘導体」。

シミやくすみをできにくくするだけでなく、できてしまったシミやくすみも薄くする効果があるのが嬉しいところです。ビタミンC誘導体はそれぞれの種類によって特徴が異なりますから、自分に合った商品を選べるといいですね。

レモンの美白効果とその活用方法