レモンの美白効果とその活用方法

レモンには、ビタミンCが豊富に含まれていて、たくさんの美容効果が備わっています。

レモンのビタミンC含有量は、果実100gあたり、皮に50mg、果肉に50mg含まれているといわれています。

レモンは、柑橘類のなかでも極めてビタミンCの多い果物です。


レモンのビタミンCで美肌・美白効果

レモンの代表的な美容効果は「美白効果」です。

美白に効果的な栄養素と食べ物と言えば、レモン=ビタミンC、ビタミンC=美白というイメージで、この3つは直結しています。

レモンの美肌・美白効果は、大きく3点挙げられます。

美白効果

シミやソバカス、くすみなどの原因となるメラニン色素の生成を抑制する作用があり、シミを薄くする効果があります。

ニキビ予防

ニキビなどの肌荒れを抑える抗酸化作用があり、ニキビの炎症を鎮静する働きをします。

美肌効果

美肌に大切なコラーゲンの生成を助ける作用があり、お肌のハリや弾力を保ちシワの予防になります。

レモンの活用方法と注意

レモンは生で食べるのが一番効果的です。

しかし、レモンには光によって活性化される物質「ソラレン」を含み、紫外線を強く吸収してしまう性質のため、メラニンの生成を促進してしまいます。

紫外線を浴びる前の朝にレモンを摂取すると、シミができやすい状態になり逆効果になってしまいます。

ソラレンはレモンの皮に含まれるもので、果肉には基本的に含まれていないので、レモンを皮ごと摂取したときと、食べる時間には注意が必要です。

美白効果が目的の場合、レモンの摂取は朝ではなく夕方から夜寝る前が最適です。

美白は外側からのケアだけではなく、内側からのケアが大切です。

身体の中が不健康だと、どんなに外側からケアをしても美白効果は半減してしまいます。

大切なことは、やはり食事で「身体の中から美白にする」ということです。

美白に効果的な栄養素をきちんと摂取することで、透明感のある美白で明るいお肌を手に入れることができます。

メルマガ登録

海外発!アンチエイジング無料メルマガを配信中

アンチエイジングに関する情報を海外から無料メルマガにて配信しています。

登録無料、いつでも解除自由ですので、お気軽にご購読ください。

無料メルマガ登録はこちら

コメント

  1. […] レモンの美白効果とその活用方法 […]