パプリカの美白効果、食べるだけの美白ケア

パプリカは、赤・黄・橙の3色が主流ですが、赤・黄・橙・緑・紫・茶・黒・白の全部で8種類の色のパプリカが存在します。

パプリカの特徴は、鮮やかな色の種類とビタミンが豊富で「ビタミンカラー」と言われるほど、野菜の中ではトップクラスのビタミンが含まれ、美白効果が期待されます。

色とりどりのパプリカは、色によって含まれる栄養価が異なり、食べて得られる効果も異なるため、その違いを知っておく必要があります。


赤パプリカ

赤い色はカプサンシンという色素の一種で赤唐辛子にも含まれている成分です。

生活習慣病・動脈硬化・心筋梗塞の予防

カプサンシンは非常に優れた抗酸化作用がある成分です。体内に溜まった不要なコレステロールを排出する効果があります。

冷え性の改善・疲労回復・ダイエット

新陳代謝を活発にする効果があります。


黄パプリカ

シミやソバカスを防ぐ「美白効果」の役割のビタミンCと、肌を若返らせる効果がある成分で「美肌効果」の役割のルテインが豊富に含まれています。

美肌・美白効果

ビタミンCは、肌にハリをもたらすコラーゲンの生成を助け、シワやたるみに効果があります。

メラニン色素の排出や生成を抑制させるので日焼けなどを予防します。

ルテインは、紫外線のダメージから肌を守り、老化の予防、アンチエイジングに対しても効果が期待できます。


橙パプリカ

赤・黄パプリカ両方の成分を持ち、最も栄養素が高いと言われています。

同じ色のニンジンと同じβカロテンが豊富に含まれています。

美肌・美白効果

「若返りのビタミン」と呼ばれエイジングケア効果があるビタミンEと、免疫力の向上が期待できるビタミンC、抗酸化作用が強く老化を防ぐβ-カロテンが豊富に含まれています。


美白ケア

「美白」と言えば、日焼け止めや美白化粧水などを使用して、外側からのケアが一般的ですが、日頃から食べ物を通して内側からのケアすることで、紫外線を吸収しにくくし、シミやくすみを防止してくれます。

「美白」を目指すには、内側からのケアを心がけてみましょう。

メルマガ登録

海外発!アンチエイジング無料メルマガを配信中

アンチエイジングに関する情報を海外から無料メルマガにて配信しています。

登録無料、いつでも解除自由ですので、お気軽にご購読ください。

無料メルマガ登録はこちら