睡眠不足がお肌のくすみの原因ってどういうこと?

成長ホルモンとメラトニン不足

睡眠中は成長ホルモンの分泌がとても多く、肌のターンオーバーもこの睡眠時に活発に行われています。

そもそも成長ホルモンとは、人間の成長を促すホルモンのことで、細胞の再生や修正、分裂を促していきます。

成長ホルモンは深い眠りにつくことで多く分泌される性質があるため、眠りが浅かったり、遅くまで起きているとそのゴールデンタイムを逃してしまうことになります。

眠りについてから3~4時間半くらいが成長ホルモンの分泌量が多いと言われているので、その期間を逃さずにくすみ対策を行っていきましょう。

また成長ホルモンの分泌量と比例して、メラトニンというホルモンの分泌も促すことで、質のいい睡眠をとれるだけでなくメラニン色素を代謝する働きをアップすることができます。

結果、メラトニンの量を増やしてメラニンにきちんとアプローチし、くすみのない透明感のある肌へ導くことが可能なのです。


紫外線ダメージ受けやすくなる

睡眠不足により肌のターンオーバーが正常に機能しなくなった結果、日々の生活の中で受けたダメージは肌に蓄積されて行き、再生されることがなくなってしまいます。

その結果、肌に必要な潤いはどんどん失われて行き、潤いバリアと呼ばれるものまで失われてしまいます。

すると紫外線から肌を守ってくれるものはほとんどなく、刺激を直接受けダメージを受けてはメラニンを発生させます。

そしてまた肌のターンオーバーを促せないと、メラニンもどんどん蓄積されて行くので、結果くすみとなって肌に残ってしまうのです。

さらに睡眠不足は、ホルモンバランスの乱れや自律神経の乱れも引き起こし、これも肌へ大きな影響を与えます。

肌のくすみに悩んでいる方は、快適な睡眠をとって、まずは体の中から肌の改善を心がけてみてはいかがでしょうか?