ストレスがお肌のくすみの原因ってどういうこと?

ストレスからくる体の乱れが原因

ストレスは体に対して強い影響を及ぼしています。

特に女性は、ホルモンバランスの乱れには敏感で、ストレスを感じるとホルモンバランスや自律神経が乱れ、その影響が肌のくすみとなって表れてしまいます。

また自律神経は、体温調整にも深く関係があるため、それが乱れると冷えが生じて、くすみが発生することもあります。


ストレスが引き起こす血行不良が原因

ストレスは血液の循環を悪くさせることがあります。

すると当然顔色も悪くなり、ヘモグロビンの量が減ると健康的な赤みを差した顔色からは遠ざかっていきます。

同時にリンパの流れも悪くなると、細胞に栄養が行き届かなくなり、新陳代謝も落ちていきます。

それが原因で、肌のターンオーバーは正常に機能しなくなり、いつまでも振るい角質層が肌に残ってしまうことも、くすみの原因につながります。


ストレスが与える内臓へのダメージ

ストレスは内臓へもダメージを与えます。

内臓へダメージが与えられると、当然食欲不振や、栄養の吸収が上手くできなくなり食生活が乱れていきます。
結果、本来肌へ行きわたるはずだった栄養もしっかり行き届かなくなり、肌のくすみはいつまでも改善されなくなってしまうのです。

このようにストレスが肌のくすみに与える影響は大きく、様々な面から肌だけでなく体にもダメージを与えていきます。

日ごろからストレスをため込まないような生活を心がけ、自分のリラックスできる方法を見つけておきましょう!