お肌の糖化がくすみの原因ってどういうこと?

糖化によってくすみが起こる仕組み

糖化によって体内のタンパク質が糖質と結びつくと、AGEsという物質が増えます。

AGEsは、「終末糖化産物」の略語で、タンパク質が変性し、焦げたような状態になってます。

AGEsは糖化が様々な場所で起こるのと同様に、どこでも蓄積されていくため、皮膚で起こるとコラーゲンの糖化を引き起こします。

コラーゲンは肌のつやや潤いに欠かせない成分ですが、コラーゲンが糖化すると、本来透明のはずの色が薄い茶色に濁り、それが原因で肌の色悪住んでいってしまうのです。


そもそも糖化はどうして起こるのか?

糖は、私たちが生きていくうえで本来必要なエネルギーです。

糖質はエネルギーとして使われるのですが、体が使用するエネルギー量以上に糖質を摂取してしまった場合、その余った糖質はタンパク質と結びつき灯火が起こってしまうのです。

また血糖値も、AGEsの溜まり具合と大きな関係があります。

血糖値が高いほどAGEsの発生に注意が必要で、その分糖化が進みやすくなってしまいます。

そして重要なのは日ごろの食事です。

食事面で糖質の多いものを過剰に摂取していれば、もちろん糖化は進んでしまいます。

おやつの食べすぎ以外にも、お肉の食べすぎも控えるようにしましょう。

さらに調理方法を工夫するだけでも、AGEsの量は変化するので一度見直してみるといいかもしれませんね!



くすみにはつい表面的な対策を考えてしまいがちですが、意外と食事面での糖化対策も効果を発揮します。

毎日の食生活を見直して、体の中から透明感のある肌を手に入れましょう!