肌のくすみを治す方法

肌のくすみを治す方法について紹介しています。肌がくすんでいると、顔色が悪く見えたり、老けて見えてしまうものです。

お肌のくすみを治して透明感のある肌つくりを行うには、普段からのケアが大切。くすみ改善のポイントを原因別に確認しておきましょう。


肌がくすむ原因

肌のくすみを治す方法

皆さんは、肌のくすみが気になりませんか?肌がくすむのには、主に以下の4つの原因があります。

  1. メラニンによるもの
  2. 血行不良によるもの
  3. 汚れの蓄積によるもの
  4. 糖化によるもの

それでは、これらの原因を取り除いて、くすみを治していきましょう。


メラニンによるくすみを治すには

メラニンによるくすみを治す、睡眠

メラニン色素を体の外へ排出することが大切です。これには、野菜を中心としたバランスの良い食事を摂り、十分な睡眠を取ることです。

血行不良によるくすみを治すには

血行不良によるくすみを治す、ストレスをためない

血行不良は肌のくすみを治すには大敵です。血流量が減ると、顔の赤みも減り、その代わりに顔色が黒っぽかったり、黄色っぽくくすんで見えてしまいます。

血行不良を改善するには、首のストレッチや、口の中でベロをグルグルと回すベロ回しや体全体を使った運動、半身浴などが有効です。

ストレスを溜めないことも、血行不良を起こさないために必要です。


汚れの蓄積によるくすみを治す方法

汚れの蓄積によるくすみを治す方法、正しい洗顔

これには正しい洗顔と保湿が必要です。

洗顔がおろそかだと、落としきれなかったメイク汚れや皮脂汚れが毛穴をふさぎ、そこへまたメイクを重ねていくと、肌の正常なターンオーバーを妨げてしまい、古い角質が溜まっていきます。

結果、肌がくすんで見えてしまいます。正しい洗顔と十分な保湿で肌をいたわりましょう。


糖化によるくすみを治す方法

糖化によるくすみを治す方法、糖分の摂り過ぎ

食事や間食で摂りすぎた糖質がタンパク質と結びつき、体の中に蓄積されると、糖化という現象が起こります。これは、肌を黄色くくすませてしまう原因の一つです。

普段から、糖質を摂りすぎない食生活を意識して心がけてみるといいかもしれませんね。


肌のくすみを治す方法まとめ

ビタミンC誘導体,美白効果

肌をくすませてしまう原因は主に、メラニンによるもの、血行不良によるもの、汚れの蓄積によるもの、糖化によるものの、4つの原因がありまっす。

これらひとつひとつに注目して改善していけば、くすみのない透明ぷるぷる肌を手に入れることができるのではないでしょうか。